河村昌子 准教授

(かわむら しょうこ)
 

専門分野

  1. 中国近現代文学
  2. 文化大革命と文学、巴金研究
  3. 中国近現代文学、中国文化論、中国語
 

経歴

  • 2010年4月 - 現在 明海大学 外国語学部中国語学科 准教授
  • 2007年4月 - 2010年3月 千葉商科大学 商経学部 准教授
  • 2004年4月 - 2007年3月 千葉商科大学 商経学部 助教授
  • 20044-20053月 千葉商科大学「長期許可在外研究員」としてアメリカ合衆国カリフォルニア大学バークレー校中国学研究所にて研修
  • 2000年4月 - 2004年3月 千葉商科大学 商経学部 専任講師
  • 19959-19967月 北京大学中文系に高級進修生として留学(アジア研究協会派遣奨学生)
  • 19934-19993月 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科(博士課程)比較文化学専攻〈19993月 博士(人文科学)取得〉
  • 19914-19933月 お茶の水女子大学大学院人文科学研究科(修士課程)中国文学専攻
  • 19874-19913月 お茶の水女子大学文教育学部外国文学科中国文学・中国語学専攻
  • 1987年3月 大阪府立北野高等学校卒業

 

授業・ゼミについて


 ゼミでは、現代中国の物語文文学作品新聞記事などを、講読しています。日本語訳でいろいろな作品に触れ、現代中国の社会・文化・歴史を理解すること中国語の原文を読み、翻訳力を高めていくことを、ゼミの柱にしています。

 就職活動のバックアップにも、力を入れており、ゼミ開講以来、希望者就職率100%です。学生さんひとりひとりの気持ちや希望をじっくり聞きながら、卒業後の人生の歩みが輝かしく自分らしいものになるよう、サポートしています。

 これまでのゼミを振り返ると、どの年にも、すばらしい学生さんに出会えていました。本当に感謝しています。これからも、すてきな人とお会いできるのを、楽しみにしています。

 ゼミ以外に、中国の現代文学史中国映画を学ぶ授業などを担当しています。文学者、芸術家が魂を捧げた作品は、人が生きていく上で必要な力と癒やしを与えてくれます。そんな文学、芸術の魅力を、学生さんと共有したいと思っています。

研究について


 専門は中国近現代文学で、特に巴金(はきん、Ba Jin、1904-2005)を中心に研究しています。その他に、巴金と同時代の作家、林語堂(りんごどう、Lin Yutang、1895-1976)、張承志(ちょうしょうし、Zhang Chengzhi、1948-)、高行健(こうこうけん、Gao Xingjian、1940-)なども研究しています。
 
 私は、巴金という作家は、心や身体で受けとめたものを、言葉で語りきることで、一種の癒しを得ていたと、考えています。同様のことが高行健にもあてはまると思われます。研究では、できるかぎり、作品が書かれた瞬間に立ち戻り、作品そのものから、作家がその作品を書いた意味を探り、跡づけることを目指しています。

著書

  • 「永遠の謝秋娘」
    潘向黎著、河村昌子訳
    『灯火』(外文出版社)2016年2号、pp.38-51、2016年12月発行
  • 『巴金 ― その文学を貫くもの』
    河村昌子著
    中国文庫 2016.10
  • 『中国メディアの現場は何を伝えようとしているか 女性キャスターの苦悩と挑戦』
    柴静著、鈴木将久・河村昌子・杉村安幾子訳
    平凡社 2014年4月
  • 『世界史の中の世界 文明の対話、政治の終焉、システムを越えた社会』
    汪暉著、丸川哲史編訳
    担当部分:汪暉著、河村昌子訳「第五章 記念碑を越える、あるいは新知のはじまり」
    青土社2016年5月 
  • 『中国現代散文傑作選19201940―戦争・革命の時代と民衆の姿』
    中国一九三〇年代文学研究会編
    担当部分:巴金著、河村昌子訳「エルケの灯火」
    勉誠出版2016年2月 
  • 『誰も知らない 香港現代思想史』
    羅永生著、丸川哲史・鈴木将久・羽根次郎編訳
    担当部分:羅永生著、河村昌子訳「香港は「国民教育運動に従わない」」
    共和国2015年8月 
  • 『中国が世界に深く入りはじめたとき 思想からみた現代中国』
    賀照田著、鈴木将久編訳
    担当部分:賀照田著、河村昌子訳「第八章 中産階級の夢の浮沈と中国の未来――近年のネット流行語から見る中国知識青年の経済的・社会心理的境遇」
    青土社2014年1月
    (『現代思想』2012年12月号初出) 
  • 『9人の隣人たちの声 中国新鋭作家短編小説選』
    桑島道夫編
    担当部分:周嘉寧著、河村昌子訳「幻覚」
    勉誠出版2012年9月 
  • 『現代中国青年作家秀作選』
    桑島道夫編
    担当部分:崔曼莉著、河村昌子訳「山中日記」
    鼎書房2010年10月 
  • 『法と暴力の記憶 東アジアの歴史経験』
    高橋哲哉、北川東子、中島隆博編
    担当部分:涂険峰著、河村昌子訳「現代中国のイデオロギー暴力――文化大革命の記憶」
    東京大学出版会2007年3月 
  • 『現代中国文学短編選』
    桑島道夫、原善編
    担当部分:盛可以著、河村昌子訳「手術」
    鼎書房2006年12月 
  • 思想読本12『ポスト〈東アジア〉』
    孫歌、白永瑞、陳光興編
    担当部分:銭理群著、河村昌子訳「我らが世代の世界認識」
    作品社2006年3月 
  • アジア新世紀6『メディア 言論と表象の地政学』
    青木保、姜尚中、小杉泰、坂元ひろ子、莫邦富、山室信一、吉見俊哉、四方田犬彦編
    担当部分:史書美著、河村昌子訳「曖昧さの信じられない重さ-台湾におけるアイデンティティのパラドクス」
    岩波書店2003年4月 
  • 『ああ 哀しいかな-死と向き合う中国文学-』
    佐藤保、宮尾正樹編
    担当部分:河村昌子「蕭珊、弔いえぬひと-巴金『随想録』にみる追悼の形-」
    汲古書院、2002年10月

論文

  • 中国の国語教科書
    河村 昌子
    応用言語学研究 : 明海大学大学院応用言語学研究科紀要   (16) 31-42   2014年3月
  • 高行健『一個人的聖経』における語りの特徴――残された一人称――
    河村 昌子
    現代中国   (87) 47-57   2013年9月
  • 張承志の日本論――『敬重与惜別――致日本』を題材に――
    河村 昌子
    国府台経済研究   23(1) 67-84   2013年3月
  • 高行健『一個人的聖経』に描かれる文化大革命
    河村 昌子
    明海大学外国語学部論集   24 165-173   2012年3月
  • 盧新華『傷痕』再考――傷痕文学再評価の動きを受けて――
    河村 昌子
    明海大学外国語学部論集   23 117-128   2011年3月
  • 巴金と読者-公開書簡集『短簡』と『随想録』を題材に-
    河村昌子
    千葉商大紀要   46(第1・第2合併) 1-14   2008年
  • 戦時下日本における林語堂の邦訳
    河村昌子
    千葉商大紀要   45(3) 51-64   2007年
  • 声なき声を語る-張承志の最近の時評から-
    河村昌子
    中国研究月報   680,15-25    2004年
  • プロパガンダから個人史の記録へ-巴金『火』第三部について-
    河村昌子
    野草   71,52-66    2003年
  • 巴金と林疑今-新聞連載小説の「時事性」をめぐる一考察-
    河村昌子
    お茶の水女子大学中国文学会報   (二十) 209-224   2001年
  • 巴金『寒夜』論-清末及び民国期の女子教育をめぐって-
    河村昌子
    現代中国   (72) 38-49   1998年
  • 巴金『寒夜』人物形象考(1)汪文宣
    河村昌子
    お茶の水女子大学中国文学会報   (16) 97-112   1997年
  • 巴金『電』試論-作家業と実践活動のはざまで-
    河村昌子
    人間文化研究年報   (20) 2-18,2-25   1996年
  • 巴金『家』論-鳴鳳の物語-
    河村昌子
    お茶の水女子大学中国文学会報   (13) 33-49   1994年
  • 太宰治『惜別』について
    河村 昌子
    『愛知大学孔子学院創立10周年記念シンポジウム「日中近代比較文学研究の空間と可能性(1900-2010)」論集』、2016年8月2日発行、pp.100-107 
  • 《日本的丁玲研究》
    河村 昌子
    《“社会史視野下的中国現当代文学----以丁玲為中心”会議論文集》、2015年10月発行、北京·当代中国史読書会/中国社会科学院文学研究所、pp.77-80 
  • 《談無声之声――関於張承志批評美国的両篇文章》
    河村 昌子
    《新文学》第5輯 (大象出版社,2006年2月) pp.225-231 
  • 《民国時期的中国女子教育状况与巴金的《寒夜》》
    河村 昌子
    《中国現代文学研究叢刊》2002年第2期(総第91期),2002年4月,pp.180-190 
  • 《怎様看待鳴鳳之死?》
    河村 昌子
    巴金与二十世紀学術研討会編《世紀的良心》(上海文芸出版社,1996年), pp.200-213

辞書

  • 『中日辞典』第2
  • 相原茂編集

翻訳

  • 「張煉紅『歴煉精魂:新中国戯曲改造考論』書評」
    王大可著、河村昌子訳
    『中国――社会と文化』第30号、2015年7月、pp.215-226 
  • 「路地を泳ぐ魚」
    張承志著、河村昌子訳
    『火鍋子』(翠書房)第74号、2009年11月、pp.4-8 
  • 「主義を持たない主義」
    高行健著、河村昌子訳
    『藍BLUE』(『藍・BLUE』文学会)2005年第4期、総第20期、pp.11-21、2005年11月 
  • 「中国流亡文学の困難」
    高行健著、河村昌子訳
    『藍BLUE』(『藍・BLUE』文学会)2005年第4期、総第20期、pp.22-28、2005年11月 
  • 「グローバリゼーション、中国、国際フェミニズム」(英文和訳)
    タニ・E・バーロウ著、河村昌子訳
    『現代思想』(青土社)2001年3月号、Vol.29-4、pp.124-129、2001年3月

講演

  • 中国の国語教科書
    河村 昌子
    第16回応用言語学セミナー「現代における“ことば教育”はいかにあるべきか」 2013年11月16日
  • ポスト文革の中国文学――張承志の文学活動を軸に――
    河村 昌子
    アジア研究協会35周年記念講演会「35年間のアジア研究でわかったこと、35年間でアジアがかわった点」 2010年3月19日

明海大学外国語学部中国語学科公式ホームページ

特集

頑張る学生を応援!「充実の奨学金制度」
中国語ゼロからでもグンと伸びる!「明海メソッド」
高校や家庭で中国語に触れている方向け「ハイレベルクラス」
受験生と保護者様のためのQ&Aコーナー
受賞歴:学外スピーチコンテストでの優勝、中国ツアープランニングコンテスト入賞などなど、中国語関係の様々な大会で優秀な成績を収めています!
2016年3月卒業生就職率100%:語学スキルは、観光・金融・教育・商社・メーカー・公務員などなど…あらゆる業種で行かせます。